危険なカラー2

ハコニワです。

昨日の続きです。

カラーの危険性はご理解いただけたと思いますが、巷には香草カラーやオーガニックカラー、ハーブカラーなるものもたくさんあります。

いかにも髪と頭皮に優しそうですが・・

香草カラーもハーブカラーもオーガニックカラーもジアミン入ってます。

「ジアミンとは白髪染め、オシャレ染めなどのカラー剤に配合されている酸化染料とよばれる化学成分です。正式名称はパラフェ二レンジアミン」

オーガニックカラーはオーガニック成分が入っているだけで染める過程は普通のカラーと同じです。

ジアミンアレルギーの方が髪を染めるのに使えるものは、

・ノンジアミンカラー

・ヘナ

・ヘアマニキュア

・カラートリートメント

この4つくらいだと思います。

「ノンジアミンカラーのメリットは低刺激、臭いが少ない

デメリットは色持ちが悪い、色味のバリエーションが少ない、白髪の染まりが悪い

「ヘアマニキュア」のメリットは頭皮につけないので刺激がない、髪が傷みにくい、ツヤが出る

デメリットは根元から染められない、色落ちが早い、明るくできない

カラートリートメントは正直私はまったく信用してません。

トリートメントしながら髪を染めるってかなり矛盾してると思います。

メリットは手軽、安い

デメリットはきれいに染まらない、色落ちが早い、調べたところによるとジアミンと同等の成分もはいってるとか。

あんまりおすすめしないですね。

私がおすすめするヘナのメリットデメリットはまた今度詳しく書こうと思います。

ちなみに「ジアミン」は頭皮がかぶれるだけでなく強い発がん性があることも明らかになっています。

実際に1991年にフィンランドで使用が禁止され世界でも禁止しているところが多いです。

そしてここが大事なのですが

ノンジアミンカラーでもかぶれる方はいます。

カラートリートメントに反応する方もいます。

私がおすすめするヘナも合わない方はいます。

100%安心安全なカラー剤はないということです。

それでは。

ご予約はHPネット予約、お電話、LINE予約からどうそ。

ハコニワHP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中